目次 前へ 次へ 1 10 20 30 40 50 60 70 80 ・ 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110120 130 140 150

Old Testament「Book of Psalms」
旧約聖書:詩篇

第105篇(psalm 105)

  1. ヱホバに感謝(かんしゃ)してその名(みな)をよび そのなしたまへる事をもろもろの民輩(たみら)のなかにしらしめよ
  2. ヱホバにむかひてうたヘ ヱホバを讃(ほめ)うたへ そのもろもろの妙(たへ)なる事跡(みわざ)をかたれ
  3. そのきよき名(みな)をほこれ ヱホバをたづねもとむるものの心はよろこぶべし
  4. ヱホバとその能力(ちから)とをたづねもとめよ つねにその聖顔(みかほ)をたづねよ
  5. その僕(しもべ)アブラムの裔(すゑ)よ ヤコブの子輩(こら)よ そのえらびたまひし所のものよ そのなしたまへる妙(たへ)なるみわざと奇(くす)しき事跡(みわざ)とその口(みくち)のさばきとを心にとむれ
  6. 彼はわれらの神ヱホバなり そのみさばきは全地にあり
  7. ヱホバはたえずその契約(けいやく)をみこゝろに記(とめ)たまへり 此(こ)はよろづ代(よ)に命じたまひし聖言(みことば)なり
  8. アブラハムとむすびたまひし契約イサクに與(あた)へたまひし誓(ちかひ)なり
  9. 之(これ)をかたくしヤコブのために律法(おきて)となし イスラエルのためにとこしへの契約となして
  10. 言(いひ)たまひけるは我(われ)なんぢにカナンの地をたまひてなんぢらの嗣業(ゆづり)の分(もの)となさん
  11. この時かれらの數(かず)おほからず甚(いと)すくなくしてかしこにて旅人(たびゞと)となり
  12. この國(くに)よりかの國にゆき この國よりほかの民にゆけり
  13. 人のかれらを虐(しへた)ぐるをゆるし給(たま)はず かれらの故(ゆゑ)によりて王たちを懲(こら)しめて
  14. 宣給(のたまは)くわが受膏者(じゆかうじゃ)たちにふるゝなかれ わが預言者たちをそこなふなかれ
  15. ヱホバは饑饉(うゑ)を地にまねき 人の杖(つゑ)とする糧(かて)をことごとく碎(くだ)きたまへり
  16. 又かれらの前にひとりを遣(つかは)したまへり ヨセフはうられて僕(しもべ)となりぬ
  17. かれら足械(あしかせ)をもてヨセフの足をそこなひ くろかねの鏈(くさり)をもてその霊魂(たましひ)をつなげり
  18. 斯(かく)てそのことばの験(しるし)をうるまでに及ぶ ヱホバのみことば彼をこゝろみたまへり
  19. 王は人をつかはしてこれを解(と)き もろもろの民の長(をさ)はこれをゆるし
  20. 之(これ)をその家司(いへつかさ)となし その財寶(たから)をことごとく司(つかさ)どらせ
  21. その心のまゝにかの國(くに)のきみたちを縛(いま)しめ 長老たちに智慧(ちゑ)ををしへしむ
  22. イスラエルも亦(また)エジプトにゆき ヤコブはハムの地にやどれり
  23. ヱホバはその民を大(おほい)にましくはへ 之(これ)をその敵よりも強くしたまへり
  24. また敵のこゝろをかへておのれの民をにくましめ おのれの僕輩(しもべら)をあざむき待(もてな)さしめたまへり
  25. 又そのしもベモーセとその選(えら)びたまへるアロンとを遣(つかは)したまへり
  26. かれらはヱホバの預兆(しるし)をハムの地におこなひ またその國(くに)にくすしき事(わざ)をおこなへり
  27. ヱホバは闇(やみ)をつかはして暗くしたまへり かれらその聖言(みことば)にそむくことをせざりき
  28. 彼等のすべての水を血にかへてその魚をころしたまへり
  29. かれらの國(くに)は蛙(かはづ)むれいでて王の殿のうちにまでみちふさがりぬ
  30. ヱホバいひたまへば蝿(はへ)むらがり蚤(のみ)そのすべての境(さかひ)にいりきたりぬ
  31. また雨にかへて霰(あられ)をかれらに與(あた)へ もゆる火をかれらの國にふらし
  32. かれらの葡萄(ぶだう)の樹といちじくの樹とをうちその境(さかひ)のもろちろの樹ををりくだきたまへり
  33. ヱホバいひたまへば算(かぞへ)しられぬ蝗(いなご)と蟲賊(おほねむし)きたり
  34. かれらの國のすべての田産(はたつもの)をはみつくし その地のすべての實(み)を食(はみ)つくせり
  35. ヱホバはかれらの國のすべての首出者(うひご)をうち かれらのすべての力の始(はじめ)をうちたまへり
  36. しろかね黄金(こがね)をたづさへて彼等をいでゆかしめたまへり その家族(やから)のうちに一人のよわき者もなかりき
  37. エジプトはかれらの出(いづ)るをよろこべり かれらをおそるるの念(おもひ)そのうちにおこりたればなり
  38. ヱホバは雲をしきて蓋(おほひ)となし夜は火をもて照(てら)したまへり
  39. 又かれらの求(もとめ)によりて鶉(うづら)をきたらしめ天の餅(かて)にてかれらを飽(あか)しめたまへり
  40. 磐(いは)をひらきたまへば水ほどばしりいで 潤(うるほ)ひなきところに川をなして流れいでたり
  41. ヱホバそのきよき聖言(みことば)とその僕(しもべ)アブラハムとをおもひいでたまひたればなり
  42. その民をみちびきて歓(よろこ)びつゝいでしめ そのえらべる民をみちびきて謳(うた)ひつゝいでしめたまへり
  43. もろもろの國人(くにびと)の地をかれらに與(あた)へたまひしかば 彼等もろもろのたみの勤勞(きんらう)をおのが有(もの)とせり
  44. こは彼等がその律(おきて)にしたがひその法(のり)をまもらんが爲(ため)なり ヱホバをほめたゝへよ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):詩篇 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書