目次 前へ 次へ 1 10 20 30 40 50 60 70 80 ・ 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110120 130 140 150

Old Testament「Book of Psalms」
旧約聖書:詩篇

第107篇(psalm 107)

  1. ヱホバに感謝(かんしゃ)せよ ヱホバは惠(めぐみ)ふかくましましてその憐憫(あはれみ)かぎりなし
  2. ヱホバの救贖(あがなひ)をかうぶる者はみな然(しか)いふべきなり
  3. ヱホバは敵の手よりかれらを贖(あがな)ひもろもろの地より東西北南よりとりあつめたまへり
  4. かれら野にてあれはてたる路(みち)にさまよひその住(すま)ふべき邑(まち)にあはざりき
  5. かれら飢(うゑ)また渇(かわ)きそのうちの霊魂(たましひ)おとろへたり
  6. 斯(かく)てその困苦(くるしみ)のうちにてヱホバをよばはりたればヱホバこれを患難(なやみ)よりたすけいだし
  7. 住(すま)ふべき邑(まち)にゆかしめんとて直(なほ)き路(みち)にみちびきたまへり
  8. 願(ねがは)くはすべての人はヱホバの惠(めぐみ)により人の子になしたまへる奇(くす)しき事跡(みわざ)によりてヱホバを讃稱(ほめたゝ)へんことを
  9. ヱホバは渇(かわ)きしたふ霊魂(たましひ)をたらはせ飢(うゑ)たるたましひを嘉物(よきもの)にてあかしめ給(たま)へばなり
  10. くらきと死の蔭(かげ)とに居(を)るもの患難(なやみ)とくろがねとに縛(いま)しめらるゝもの
  11. 神の言(ことば)にそむき至高者(いとたかきもの)のをしへを蔑(かろ)しめけれぱ
  12. 勤勞(きんらう)をもてその心をひくうしたまへり かれら仆(たふ)れたれど助(たす)くるものもなかりき
  13. 斯(かく)てその困苦(くるしみ)のうちにてヱホバをよばはりたればヱホバこれを患難(なやみ)よりすくひ
  14. くらきと死のかげより彼等をみちびき出(いだ)してその械(かせ)をこぼちたまへり
  15. 願(ねがは)くはすべての人はヱホバの惠(めぐみ)により人の子になしたまへる奇(くす)しき事跡(みわざ)によりてヱホバを讃稱(ほめたゝ)へんことを
  16. そはあかがねの門をこぼち くろがねの關木(くわんのき)をたちきりたまへり
  17. 愚(おろ)かなる者はおのが愆(とが)の道により己(おの)がよこしまによりて惱(なや)めり
  18. かれらの霊魂(たましひ)はすべての食物をきらひて死の門(かど)にちかづく
  19. かくてその困苦(くるしみ)のうちにてヱホバをよばふ ヱホバこれを患難(なやみ)よりすくひたまふ
  20. その聖言(みことば)をつかはして之(これ)をいやし之(これ)をその滅亡(ほろび)よりたすけいだしたまふ
  21. 願(ねがは)くはすべての人ヱホバのめぐみにより人の子になしたまへる奇(くす)しき事跡(みわざ)によりてヱホバをほめたゝへんことを
  22. かれらは感謝のそなへものをさゝげ喜びうたひてその事跡(みわざ)をいひあらはすべし
  23. 舟にて海にうかび大洋(おほうみ)にて事(わざ)をいとなむ者は
  24. ヱホバのみわざを見(み)また淵(ふち)にてその奇(くす)しき事跡(みわざ)をみる
  25. ヱホバ命じたまへばあらき風おこりてその浪(なみ)をあぐ
  26. かれら天(あめ)にのぼりまた淵(ふち)にくだり患難(なやみ)によりてその霊魂(たましひ)とけさり
  27. 左(こな)た右(かな)たにかたぶき酔(ゑひ)たる者のごとく踉蹌(よろぼひ)てなす所をしらず
  28. かくてその困苦(くるしみ)のうちにてヱホバをよばふ ヱホバこれを患難(なやみ)よりたづさへいで
  29. 狂風(あらし)をしづめて浪(なみ)をおだやかになし給(たま)へり
  30. かれらはおのが静かなるをよろこぶ 斯(かく)てヱホバはかれらをその望むところの湊(みなと)にみちびきたまふ
  31. 願(ねがは)くはすべての人ヱホバの惠(めぐみ)により人の子になしたまへる奇(くす)しき事跡(みわざ)によりてヱホバをほめたゝへんことを
  32. かれら民の會(つどひ)にてこれをあがめ長老の座(ざ)にてこれを讃稱(ほめたゝ)ふべし
  33. ヱホバは河を野にかはらせ泉をかわける地に變(かは)らせ
  34. また豊かなる地にすめる民の惡によりてそこを鹵(しほ)の地にかはらせ給(たま)ふ
  35. 野を池にかはらせ乾(かわ)ける地をいづみにかはらせ
  36. こゝに餓(うゑ)たるものを住(すま)はせたまふ されば彼らは己(おの)がすまひの邑(まち)をたて
  37. 畠(はた)にたねをまき葡萄園(ぶだうぞの)をまうけてそのむすべる實(み)をえたり
  38. ヱホバはかれらの甚(いた)くふえひろごれるまでに惠(めぐみ)をあたへ その牲畜(けだもの)のへることをも許(ゆる)したまはず
  39. されどまた虐待(しへたげ)くるしみ悲哀(かなしみ)によりて減(へり)ゆき且(かつ)うなたれたり
  40. ヱホバもろもろの君(きみ)に侮辱(あなどり)をそゝぎ道なき荒地にさまよはせたまふ
  41. 然(しか)はあれど貧(まづ)しきものを患難(なやみ)のうちより挙(あげ)てその家族(やから)をひつじの群(むれ)のごとくならしめたまふ
  42. 直(なほ)きものは之(これ)をみて喜びもろもろの不義はその口をふさがん
  43. すべて慧者(さときもの)はこれらのことに心をよせヱホバの憐憫(あはれみ)をさとるべし

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):詩篇 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書