目次 前へ 次へ 1 10 20 30 40 50 60 70 80 90 100 110 ・ 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140150

Old Testament「Book of Psalms」
旧約聖書:詩篇

第135篇(psalm 135)

  1. なんぢらヱホバを讃稱(ほめたゝ)へよ ヱホバの名(みな)をほめたゝへよ ヱホバの僕等(しもべら)ほめたゝへよ
  2. ヱホバの家われらの神のいへの大庭(おほには)にたつものよ讃稱(ほめたゝ)へよ
  3. ヱホバは惠(めぐみ)ふかし なんぢらヱホバをほめたゝへよ その聖名(みな)はうるはし讃(ほめ)うたへ
  4. そはヤハおのがためにヤコブをえらみ イスラエルをえらみてその珍寳(うづたから)となしたまへり
  5. われヱホバの大(おほい)なるとわれらの主(しゆ)のもろもろの神にまされるとをしれり
  6. ヱホバその聖旨(みこゝろ)にかなふことを天(あめ)にも地(つち)にも海にも淵(ふち)にもみなことごとく行(おこな)ひ給(たま)ふなり
  7. ヱホバは地のはてより霧(きり)をのぼらせ 雨のために電光(いなづま)をつくり その庫(くら)より風をいだしたまふ
  8. ヱホバは人より畜類(けだもの)にいたるまでエジプトの首出(うひご)をうちたまへり
  9. エジプトよヱホバはなんぢの中にしるしと奇(くす)しき事跡(みわざ)とをおくりて パロとその僕(しもべ)とに臨(のぞ)ませ給(たま)へり
  10. ヱホバはおほくの國々(くにぐに)をうち 又いきほひある王等(わうたち)をころし給(たま)へり
  11. アモリ人(びと)のわうシホン、バシヤンの王オグならびにカナンの國々なり
  12. かれらの地をゆづりとし その民イスラエルの嗣業(ゆづり)としてあたへ給(たま)へり
  13. ヱホバよなんぢの名(みな)はとこしへに絶(たゆ)ることなし ヱホバよなんぢの記念(きねん)はよろづ世におよばん
  14. ヱホバはその民のために審判(さばき)をなし その僕等(しもべら)にかゝはれる聖意(みこゝろ)をかへたまふ可(べけ)ればなり
  15. もろもろのくにの偶像(ぐうざう)はしろかねと金(こがね)にして人の手のわざなり
  16. そのぐうざうは口あれどいはず目あれど見ず
  17. 耳あれどきかず またその口に氣息(いき)あることなし
  18. これを造るものと之(これ)によりたのむものとは皆これにひとしからん
  19. イスラエルの家よヱホバをほめまつれ アロンのいへよヱホバをほめまつれ
  20. レビの家よヱホバをほめまつれ ヱホバを畏(おそ)るゝものよヱホバをほめまつれ
  21. ヱルサレムにすみたまふヱホバは シオンにて讃(ほめ)まつるべきかな ヱホバをほめたゝへよ

HOME | Good News | 聖書INDEX | <<前のページ | 次のページ>>
- 旧約聖書(文語):詩篇 -
画面上へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150

© 日本聖書協会(BIBLE with REF. CLASSICAL JAPANESE) 文語聖書