guitar

ミエローマ(多発性骨髄腫)の資料館

骨髄腫と言われたら

骨髄腫と診断されたあとで、病気について勉強するために役立つと思われる資料を集めました。

資料名発行内容
まんが:
骨髄腫はしぶといけど、
 うまくつきあおう
NPOライフボード 超初心者用に、漫画で易しく解説されています。
患者の手引き
(2007年版)
日本骨髄腫患者の会 米IMF発行の「Patient Handbook」を翻訳したもので、治療前に知っておくことに重点が置かれています。詳細な用語集があり、意味を調べる際にも役立ちます。
骨髄腫の病態と治療のあらまし
(2007年版)
日本骨髄腫患者の会 米IMF発行の「Concise Review」を翻訳したもので、多少難解ですが、これまでの歴史や治療方法が詳しく解説してあります。
各種がんシリーズ:
多発性骨髄腫 2012年03月第2版
国立がんセンター がん対策情報センターで発行・無料配布されているもので、診断・治療・経過観察の流れについて易しく解説されています。
各種がんの解説
多発性骨髄腫の診断
多発性骨髄腫の治療
多発性骨髄腫の造血幹細胞移植
多発性骨髄腫の新しい薬
国立がんセンター かん対策情報センターが公開しているがん情報サービスで、骨髄腫の診断・治療・新薬について詳しく説明されています。
『こつずいしゅ通信』 セルジーン(株) 患者さん向けの情報が提供されています。
多発性骨髄腫(MM)を知っていますか? セルジーン(株) 患者さん向けの冊子(監修:島崎先生)
多発性骨髄腫とその他の形質細胞腫瘍の治療(PDQ日本語版)
患者向け
医療専門家向け
がん情報サイト 米国立がん研究所(NCI)が公開しているがん情報データベースPDQ(Physician Data Query)の日本語版で、定期的に更新されています。
造血細胞移植ガイドライン:多発性骨髄腫 2010年版 日本造血細胞移植学会 MMに対する移植関連の専門情報です
NCCN腫瘍学臨床診療ガイドライン:多発性骨髄腫 2013年第1版 関西骨髄腫フォーラム 米国NCCNガイドラインの日本語版です。

出版物については、「推薦関連図書」を参照ください。