本文へスキップ

母乳育児相談。望助産院です。

TEL. 0774-72-9717

〒619-0223 京都府木津川市相楽台9-15-18

お母さんと赤ちゃんの「きずな」、地域との「つながり」を大切にします。


ようこそ!望助産院へ

京都と奈良の県境、高の原で母乳育児相談をしています!
(分娩施設はありません)
笑顔溢れるアットホームな雰囲気を大切に、おっぱいも心も軽くなって帰って頂けるようにと日々心掛けております。



望助産院 眞島由紀

information


お知らせ
  • 再開のお知らせ 2020年5月25日~
     望助産院は緊急事態宣言の休業要請を受け、臨時休業しておりましたが、5月25日より再開させていただきます。
     再開に関しては、望助産院に来院されるお母様とお子様ならびにスタッフの健康と安全を優先的に考え、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた取り組みを実施してまいります。
     それから、当面の間は短縮営業とさせていただきますので、通常の診療時間と異なる場合がございます。詳しくは、お電話でお問い合わせください。

    ⚠ 2020年5月4日 休業延長のお知らせ
     緊急事態宣言の延長に伴い、当面の間、臨時休業延長致します。
     業務の再開は、改めて当ホームページに掲載いたします。皆さまには大変ご不便をおかけしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

    ⚠ 2020年4月17日 休業のお知らせ
     新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、公益社団法人桶谷式母乳育児推進協会からの休業要請を受け、4月18日~5月6日の期間、当院は休業致します。
     なお、期間経過後の営業につきましては、その時点での社会情勢をみて判断いたしますので、期間の延長や営業時間の短縮を実施する場合があります。業務の再開や休業の延長などに関しては、改めて当ホームページに掲載致します。
    皆さまにはご不便をおかけしますが、何卒ご了承いただければ幸いです。
     4月16日には全国に緊急事態宣言が出され、さらに京都を含め13の特定警戒都道府県は特に対策が強化されました。
     現在、医療用のグローブ・マスク・ゴーグルまたはシールドエプロンをお母さまごとに取り替えられるほどに入手することは困難な状況です。そのような現状の中、『ワクチンがない、治療法がない、死に至ることもあるという新型コロナウイルス感染症に、母親と赤ちゃんを感染させない』ことを第一の使命と考え、もっとも安全な策として、公益社団法人桶谷式母乳育児推進協会より、
    全国の母乳育児相談室に休業要請が発令されました。
     
    またお母さんと赤ちゃんと元気にお会いできる日を楽しみにしております。今後とも当院をよろしくお願い致します。

    ⚠ 2020年4月12日
     2020年4月10日に京都府と京都市が緊急事態要請を出しました。
     当院も新型コロナウイルス感染予防に努めてきましたが、今なお感染は拡大傾向にあり、母児の安全確保のために、緊急事態対応として、2020年4月13日より下記のように対策強化を図りますので、ご理解とご協力をお願い致します。

     1. ご本人やご家族に、5日以内に発熱(37.5度以上)・咳・味覚嗅覚障害などの新型コロナウィルス感染を疑う症状・新型コロナウィルス陽性者と2週間以内に濃厚接触の疑いのある方は、来院をお断りしております。
     2. 明らかに乳腺炎の発熱と思われる場合でも、発熱のある旨およびご様子について、必ずお電話でご相談ください。
     3. 来院前に検温、予防のために必ずマスクの着用をお願いします。
     4.来院後は速やかに、手洗いとアクアサニターでの消毒をして下さい。
     5. 赤ちゃんのご同伴につきましては、可能な限りご遠慮ください。
      同伴される場合でも滞在時間を短くするために、授乳してからお越しください。
     6. 付き添いの方の入室はご遠慮ください。
     7. 関係者に感染または疑わしい症状が出た場合には直ちに休業します。
      その場合は速やかにご連絡します。
     8. 来院者同士が重ならないような予約とし、終了後には速やかにご退室いただけますようお願い致します。 

     新型コロナウイルス感染が少しでも早く終息することを願っております。
     また、状況が変化すれば、対応が変わる可能性があります。
     以上 どうぞよろしくお願い致します。

                                       
  • 2020年3月4日 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、当助産院では以下の対策を実施しております 

    1. 明らかに乳腺炎の発熱で風邪症状がない方は、お電話で相談して来院していただきますが、風邪症状を併発している場合、来院前に医療機関の受診をお願いすることもあります。
    2. お母さま、もしくはご家族に風邪症状がある場所は、受診前に必ずその旨ををお伝えください。ご予約の変更はできるだけ早くご連絡をお願いします。
    3. ご本人及びご家族に発熱(37.5度以上)と咳がある方は必ずマスクの着用をお願いします。症状のない方も予防のためにマスクの着用をお勧めしています。*マスクは各自でご準備ください。
    4. 来院したら、必ず石鹼での手洗い、手指の消毒をお願いします。当院では手指の消毒に微酸性電解水(微酸性次亜塩素酸水)【アクアサニター】を設置しております

    ** 下記の方は当院では対応できませんのでご了承ください
    1. 2週間以内に感染流行 国・地域に行かれた方
    2. 2週間以内に感染流行 国・地域に行かれた方と接触したことがある方、もしくは新型コロナウイルスと診断された方や疑いのある方と接触したことがある方
    3. 37.5度以上の熱が4日以上続いており、倦怠感や息苦しさがある方(解熱剤を飲んでいる時も含む)
     
    *** 望助産院は赤ちゃんとお母さんの安全確保をしながら、母乳育児のお手伝いができるように努めて参ります 
    当院での感染予防の対策についてのご協力をお願いします。また、院内ではドアノブの除菌、トイレ内、部屋の換気などの環境除菌に配慮しております。
  • 公益社団法人桶谷式母乳育児推進協会 近畿地区では、2019年10月1日より消費税の増税に伴い、価格改定が決まりました。初診料5,500円、商品の価格は新税率10%でご請求させていただきますことをご了解の程、よろしくお願い致します。*なお再診料3500円は、これまで通りとさせていただきます。
  • 2019年2月1日より『公益社団法人 桶谷式母乳育児推進協会』となりました。
  • 木津川市の『たからばこ情報』の冊子に当院の広告が掲載されています
    広告
   

公益社団法人桶谷式母乳育児推進協会とは、助産師の資格を持ち協会の研修センターにて所定の研修を修了し、認定を受けた母子保健の専門家の全国組織です。
https://www.oketani.or.jp/

バナースペース

望助産院

外観

〒619-0223
京都府木津川市相楽台9-15-18

TEL 0774-72-9717
望助産院 眞島 由紀