お知らせ一覧

インフルエンザワクチン接種

10月15日からインフルエンザワクチン接種をおこないます。ワクチンの入荷数が未定のため、予約していただくことはできません。接種ご希望の方は早めにお越し頂くよう、お願いいたします。
なお、通院中の患者さんが優先になりますので、おおむね1年以上受診のなかった方はお断りする場合がありますが、ご了承ください。

四條畷市民に限り,妊婦さん、生後6ヶ月から小学6年までの子どもさん、また、例年通り、四條畷市民大東市民等、北河内5市の65歳以上の方や、60歳以上で持病があり受診券をご持参の方は、自己負担1,000円で接種いたします。

2021年10月04日

HPVワクチンの種類が増えました


子宮頸がん予防ワクチン接種をどうしようかと考えておられる定期接種小6〜高1相当)年齢の女子と保護者の方は、日本産科婦人科学会HPの「子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために」および、厚労省のリーフレット(概要版詳細版受けた後版)をぜひお読みください。」をぜひお読みください。

みんパピ(みんなで知ろうHPVプロジェクト)や、ワクチンで防げる病気を知ろう の「ヒトパピローマウイルス感染症」の説明も参考にしてください。

9価ワクチンであるシルガード9の接種も可能となりました。
定期接種(対象年齢女子なら無料)ではなく、任意接種(9歳以上の女性が対象、自費)ですが、定期接種の対象ワクチンが子宮頚部異形成や子宮頚がんのうち、およそ70%を予防できるものであったのに対して、シルガード9はおよそ90%を予防できるものになっています。

また、ガーダシルは9歳以上の男性へも接種可能となりました(自費)。男性では中咽頭がん、肛門がん、陰茎がん、尖圭コンジローマの予防に役立ちます。

いずれも3回接種です。1週間以上前に予約のお電話を頂きますようお願いいたします。

注意! 特に現在高1相当の年齢の方は、定期接種(無料)期間中に3回目を終わらせるためには、原則として9月中に1回目の接種が必要になりますので、お急ぎください。

2021年07月07日

新型コロナウイルスワクチン接種の予約について

四條畷市でも高齢者対象の新型コロナウイルスワクチン接種の予約が始まりました。
まだ地元自治体で使えるワクチンの数に限りがあるため、クリニックへお電話をいただいたり、来院していただいても、予約は取れません。
ワクチン接種の予約については、四條畷市のホームページをご覧頂きますよう、お願いいたします。

2021年05月13日

咳、発熱などの症状のある方へ(新型コロナウイルス検査を希望される方へ)

咳、発熱などの症状のある方で、新型コロナウイルス検査を希望される場合は、前もってお電話の上、必ずマスクをつけ、保険証をお持ちになって、お越しください。状況、症状により「唾液による新型コロナウイルスPCR検査」を行います。

ただし、唾液を提出して頂いてから、PCR検査の結果をお知らせできるまでに、午前中に来院の場合は24時間以上、午後診の時間帯の来院では2日程度、休診日や日曜、祝日の前であればさらに時間がかかります。
そのため、新型コロナウイルス感染症の可能性がかなり高い(味覚や嗅覚障害がある、息切れ、呼吸困難など症状が重い)場合や、もっと早く結果報告が必要な方には、適切な近隣の施設をご紹介いたしますので、ご了承ください。

無症状だが、心配だからPCR検査を受けたい、という場合は「自費診療」となります。

身近に感染者が発生した方の場合、保健所の感染者への聞き取りから「濃厚接触者」と判断された方は、「行政検査」として、保健所の責任のもとに、無料で検査が行われますので、保健所の指示にしたがってください。
「濃厚接触者」と判断されなかった方の場合は、何らかの症状があれば、当院で保険診療による診察の上、「唾液による新型コロナウイルスPCR検査」を受けて頂くことが可能です。(PCR検査代金の自己負担分は国が負担します)

発熱などのいわゆる『かぜ』症状、新型コロナウイルス感染症が疑われる症状がある方で「新型コロナウイルス感染症が心配だ」「介護・医療職など、仕事の関係上検査を受けるように言われた」などの場合も、当院で保険診療による診察の上、「唾液による新型コロナウイルスPCR検査」を受けて頂けます。(PCR検査代金の自己負担分は国が負担します)

新型コロナウイルス感染症について、くわしくは → 内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策厚労省のサイトへ。

2021年04月23日

S37年度〜S53年度生まれの男性の方へ 〜 毎年2月4日は ”風疹の日” です 〜

昭和37年4月2日〜昭和54年4月1日生まれの男性を対象に、2022年3月までの期間に限って、無料で風疹抗体の検査と定期予防接種を実施中です。
風疹は妊娠初期の妊婦さんが感染すると、生まれてくる赤ちゃんが高い割合で先天性風疹症候群になり、重度難聴など治せない病気がのこるという問題があります。
風疹患者さんはおそらく新型コロナウイルス感染症以上につよい感染力をもっています。
以前にご自宅へ送られているクーポン券を利用すると無料で採血と注射が受けられますので、まだの方は是非、クーポン券(紛失していても、保健センターで再発行できるそうです)をご利用ください。
詳しくは、四條畷市のHP へ。

2021年02月03日

風疹抗体検査が無料

風疹抗体検査が無料でできます!
去年からの風疹の流行が、大阪府でも相変わらず続いており、四條畷市など北河内でも患者さんが発生しています。
現在、大阪府の風疹対策事業により、当クリニックでも、妊娠を希望している女性、その配偶者、妊娠中の女性の配偶者は無料で風疹抗体検査(採血)を受けていただけます。予約は不要です。

また、四條畷市民大東市民でこの事業の対象者の方は、検査結果がワクチン接種しておくべき値であれば、自己負担1000円でMRワクチン接種を受けることができます。

2019年07月24日