item3a
item4aitem1
item5a
iconmail

シンプルな杉の家

奈良

あやめ池の家

お二人が濡れ縁でくつろぐショット。(2004年5月撮影)
奈良で7代も続く老舗の畳屋さんにえらくほめてもらいました。低めに抑えた外構、素敵でしょ???
3間*5間の平面形は外から見た感じもすごくバランスがいい。なんでだろう?

同じ家でも撮影する時間によって光の具合が違って・・・家の感じも違うモノです。

設計人にとって初めての奈良での仕事。
そして完全矩形総二階という今まででもっともシンプルな設計になった。

棟上げは晴天に恵まれいつもなら棟上げ後に入れる杉の落とし板も先入れ。3日間の棟上げでなんだかほとんどできてしまったような感じがしますう。

工務店は今回が初めてのコンビだったがなんの問題のなくスムースにいった。刻んでいる段階で大工さん達がなんども「これはえ〜いえになる」と棟上げを楽しみにされていた。

お施主さんに喜んでもらえるのは住み始めてからだけど大工さんからは刻んでいるときから楽しみにしてもらえる。設計人は上機嫌・・・。

ずらしく玄翁持って大工さんのお手伝いをさせて頂きました。お施主さんも屋根に登って雄大な奈良市内の眺めを堪能されました。(写真で玄翁を持っている方はお施主さんです。)

恒例の宴会、今回は焼き鳥登場! 七輪を三つ用意し国庫納付金へお布施したくないのでノンアルコールビールで盛り上がりましたが、一部エビスも混ざっていたような気もします。やはりビールは麦芽100%に限ります。

ここから下は12月30日の引き渡し翌日の引っ越し荷物まだごったがえし状態の写真です。こんなときに、しかも晩御飯の支度どきに突然訪問する設計士とお施主さん・・・もはや親戚を超えたか!

左の写真は部屋の照明を全部点灯したもので、右の写真は天井灯(丸玉パルック4発)と壁付き灯を一つ消した状態。
もっと色々なパターンで撮ってみます。
ちなみにキッチン前には家具職人さんにカウンター食器棚を作ってもらってます。

2階は間仕切りなしの30畳ワンルーム。
まだ照明もあまり付いてないですが(お施主さんが自ら作る予定)、かえってほのぼのと暗くて居心地よいです。

勾配面に沿ってレセプト+丸玉の照明です。

洗面化粧台は実験用流しです。

総二階建てなのでお風呂は「腰下ユニットバス+檜の壁」。
照明は調光器付きスイッチで気分によって明るさを変えられます。ロウソクの明かりもできるよ。

室内の写真はいずれ引っ越し荷物が片づいたら撮り直して差し替えたいと思っております・・・。

 TOPへ戻る

それでは技術者向け「シンプルな杉の家」の棟上げ記録でありまする〜

10月2日午前11:30
杉の落とし板がだいたいはまりました。

10月2日午前9:30
1階の管柱がどんどん立っていきます。

10月2日午後2:40
2階の床梁が入っていきます。

10月2日午後3:40
2階の管柱を立ててます。

10月3日午前10:00
桁を入れてます。

10月2日午後4:20
2階の落とし板を入れていきます。

10月3日午後2:30
登り梁を架けていきます

10月3日午後4:15
登り梁が全部架かかりました。

10月4日午後1:15
野地・天井の厚板を打ち終わりました。

架構と杉落とし板だけの状態は完成後よりも純粋な姿ともいえまする。

 TOPへ戻る

当初の予定ではミズメ桜の天板になる予定でしたが赤身が少なくてちょっとみっともないということでタモを買ってきて下さいました。優しいきれいな目です。重い重い。

家具を家具職人さんに頼みました・・・。
厨房と食卓の間に置くカウンター兼食器棚を奈良在住の家具職人さんに頼みました。
堺の家の木の椅子を作ってくれた方でとてもいい仕事をしてくれますし、なんといっても奈良の田舎でいい暮らしをされてます。時間止まってます・・・。

これは長さが2600ありまして実際は2000なので60センチくらいカットします。勿体ないけど・・・。
幅は600で両側から使います。
右側が職人の藤本さんで左はお施主さん。

側板は天板をボツになった桜で作ります。
品のある赤色が見えますか?(見えないですね!)

元々はお茶の工場?だった古い木造家屋を工房にされてます。
道具はきちんと整理されています。

ここまで1月31日の訪問記でした。

はいではここから2月17日の訪問記です。風邪で設計者が寝込んで行けなかった間に家具の骨格(フレーム)が出来上がりました。

ばらばらの骨格部材を釘や接着剤を使わずに組み立てていきます。
逆をたどればばらばらに分解可能なのです!

 TOPへ戻る

でまあ、フレームとしては
だいだいこんな感じです。

仕口はこんな具合になってます。ごそっと落としてヨコに滑らせてロックするのが基本です。
木造建築の仕口と似ていますが滑らせるという動作が家具らしいです。

この下は3月15日分です。
引き出しもその「とって」も
できあがってました。

上左が「とって」。
引き出しは大きいので
大きなとってで引っ張り
ます。
右上は引き出し。きちんとほぞ組みです。
下は仮組されたフレーム。
ローズウッドの鼻栓が決まてます。

 TOPへ戻る

いよいよ竣工後の室内写真ですちょいとデジカメのワイドコンバーションレンズの扱いを間違えたのでほんの一部だけの公開となってます。

映っている方が誰なのかはおいといて、立派に完成したカウンター食器棚です。
上の方は引き出しが4つもあり、上下とも両側から使えるようになっています。この家具の価格は53万円です。(設計料コミ、近畿圏内送料無料)

ローズウッドの鼻栓が決まってます。
この家具は金物や接着剤の類を一切使っておらず分解バラバラにできます。(バラバラにしてどするのか?とかくだらない質問はしないでください・・・。)

 TOPへ戻る

2006年夏の終わり・・・
デデンデンデン!
赤ちゃんのおな〜りい〜
てなわけで、このたびめでたく佑佳ちゃん(女の子、生後二ヶ月)が杉の家に入居されました。
とっても美人ちゃまなのですが、写真映りがいまひとつなのでいずれ差し替えます。

「うわーん、あなたはあたちのお母さんじゃないよー!」と泣き叫ぶのを笑ってあしらう女性はだれ?

 TOPへ戻る

DSCN5493

2010年秋・・・
久々の訪問。おねえちゃまはこんなに大きくなりました〜!
元気いっぱいな娘さんでごわす!

そして酷暑の2010年の夏をエアコンレスで乗り越えられました!

私が環境大臣ならこういうお施主さんに○○ポイントを差し上げたいと思いますが・・・。

DSCN5498
DSCN5501

いやま〜実はもう弟さんもお生まれになっていたのでしたあ〜

やはり子供は子供同士で〜

All right reserved 2008 © 中村茂史一級建築士事務所