iconyachticonukulele
item3a
item4aitem1
item5a

シンプルな杉の家

iconmail
icon1
iconkayak
DSCN6258

伊丹の家

光は闇に縁どられる

じつは?棟上げは天気にも恵まれ無事に滞りなく済んだのでした。

それでも祝宴もなくなんだかちょっと寂しい感じがでしたが震災や原発の状況をコトを思えばそれどころではなかったのでした。

いつもなら棟上げすればいそいそとブログなんかにアップしてたけど今回はそういう気にもならず、普段と変わりない暮らしを続けながらも原発の推移を注視する日々になってしまった。(これほど危機的状況にありながらもだんだんと慣れていき不感症になっていってませんか? もっともテレビだけから情報を得ていてはどうしようもないですが・・・。)

たまたま実家にあった五木寛之さんの本を読んだら「現代社会は闇が進行しつつあるが、闇があってはじめて光を体験できる」といった主旨のことが書かれていた。

今回の震災でもまさに人の光を数多く見ることができた・・・国家としての日本はともかく日本人はまだまだ素敵なヒトがわんさかいる!

これからまだまだ闇は深まるだろうけど本当の夜明けがすぐ近くまで来ているのかも知れない。

item13


このたびはオリジナル設計図書とは異なる様々の棟梁versionが織り込まれ、ブンブンにパワーアップした内容になっております。

item14
item12
item14


このたびの棟上げでは多くの第三惑星外生命体の協力もありました。

item14
DSCN6771
DSCN6810


お堂のようですな〜


わかりにくいですが○ーム真理京のA原さんもびっくり/柱がないのに1.5mも飛び出ている空中浮揚型玄関庇です。
おまけに槍ガンナかかってます・・・。
*良い子は真似しないでね。

P1030022DSCN7201

item16


槍ガンナかかった野地板〜

P1030126


その槍ガンナ〜


棟梁?

DSC6142
DSCN7313

宇宙に一つだけの照明
(施主さん自ら製作!)

たくさん写真は撮ったもののAF機能がだめになってピンぼけばかりだったので竣工写真はぼちぼち・・・

宇宙に一つだけの階段