本文へスキップ

うつ病、不安障害を治す!マインドフルネス心理療法

うつ病、非定型うつ病、不安障害(パニック障害、PTSD、対人恐怖症など)を治すためのカウンセリングです。

当カウンセリングは、エビデンス(治す根拠)があり、臨床結果でも上記の
病気が治せることがわかっているマインドフルネス心理療法(自己洞察瞑想療法)
を用いてのカウンセリングを行っています。

ギャラリー

イメージ01

マインドフルネス心理療法
について

「うつ・不安障害を治すマインドフルネス ひとりでできる自己洞察瞑想療法」
大田健次郎(マインドフルネス総合研究所代表)著 佼成出版社 
をテキストに、セッション10まで
行います。

イメージ02

カウンセリング詳細

カウンセリング方法、時間、料金などについて

イメージ03

カウンセリング日時と
お申込方法

カウンセリングが予約できる日時と申し込み方法

イメージ04

体験談

セッションを受けられた方の体験談

informationお知らせ

2016年2月に、体験談を掲載しました。
セッションを受けられた方のお話を、お読み下さい。


セッションは、随時受け付けしております。セッションを受けられたい方は、カウンセリング日時とお申込方法を一読下さい。
個別セッションですが、ダラダラとセッションを受けられる方、途中で何回もお休みされる方は、セッション途中でも、今後のセッションをお断りする場合があります。
月1回、10ヶ月かけて10セッションをトレーニングした後は、個人の問題にトレーニングしたことを、どんどん使っていって下さい。

profile

マインドフルネス心理相談員(NPO法人マインドフルネス総合研究所認定)
山口恵子

龍谷大学経済学部経済学科卒業。社会科教諭免許取得。
高校・大学と浄土真宗西本願寺系列のため、親鸞聖人の教えを学んでいたこともあり、瞑想を用いるマインドフルネス心理療法に興味を持ち、私自身、PTSDとパニック障害をマインドフルネス心理療法(自己洞察瞑想療法)で治した経験があります。
心の病気の辛さも、それを克服していく大変さも経験していますが、自分が治したい!という気持ちと治すための行動をとっていくことができれば、治る可能性は十分にあります。
そのためにも、逃げずに、あきらめずに、自分を見捨てずに、是非、治すための行動を起こしてほしいと思います。
治すと心に決めたら、ご連絡下さい。治すための理論とトレーニング方法を指導致します。
元塾講師なので、なるべくわかりやすく、イメージしやすいように説明していきます。

メール:hana_greenbell@ybb.ne.jp


リンク

NPO法人マインドフルネス総合研究所
自己洞察瞑想療法(=SIMT)創始の研究所。
マインドフルネス心理療法について、詳しく説明があります。