医療法人 小原クリニック 泌尿器科,内科

Hib髄膜炎とは?

 Hibとは、ヘモフィルスインフルエンザ菌b型という細菌のことです。最初に発見されたときにインフルエンザ感染者から発見されたため、この“インフルエンザ菌”という名前がつきましたが、皆さんの知っているインフルエンザウイルスとはまったく異なります。
 このHibという細菌が、ヒトからヒトへ飛沫感染し、鼻咽腔に保菌され、これが病原菌となり、肺炎や喉頭蓋炎、敗血症などの重篤な全身性疾患を引き起こします。なかでも髄膜(脳や脊髄を覆おおう膜)に感染するHib髄膜炎は最も頻度が高く、発症後の治療は困難です。


Hib髄膜炎はいつかかる?

 多くの場合は生後3ヵ月から5歳になるまでの子どもたちがかかります。特に2歳未満のお子さんに最も多いので、注意が必要です。毎年全国で約600人、5歳になるまでに2000人に1人の乳幼児がHib髄膜炎にかかっていることがわかっています。


Hib髄膜炎にかかるとどうなる?

 Hib髄膜炎にかかると発熱、頭痛、嘔吐、不機嫌(乳幼児の場合)、けいれんなどの風邪のような症状がみられ、そのうちの約5%は死亡、約25%に後遺症(聴覚障害、発達遅延、神経学的障害など)がみられます。


Hib髄膜炎の治療法は?

 Hib髄膜炎は、初期症状がかぜ症状と区別がつきにくく、簡単な検査では診断がつきません。また早期診断がついても、現在では治療に必要な抗生物質が効かない耐性菌*が増えているため治療が難しくなっています。
 このためワクチンの研究が開始され、1987年に米国で使用開始されたのがHibワクチンです。世界保健機関(WHO)では、1998年にHibワクチンを乳幼児への定期接種ワクチンに推奨し、現在までに世界120ヵ国以上で導入されており、それらの国ではHib髄膜炎は、すでに過去の病気となっています。

*耐性菌:薬に対して抵抗力を持ってしまった菌のこと(抗菌薬が効きにくくなります)。


Hibワクチンの安全性は?

 Hibワクチンの主な副反応は、接種部位の赤みや腫れで、そのほか発熱が数%報告されています。これらは通常一時的なもので、数日以内に消失します。


Hibワクチンの接種はどうすればいいの?

 かかりつけの小児科で接種を受けることができます。望ましい接種スケジュールは、生後2〜7ヵ月で開始し、4〜8週間あけて3回、その1年後に追加接種1回の計4回です。
 この時期は、百日せきジフテリア破傷風混合(DPT)ワクチンの接種時期でもあるので、同時接種が可能です。また、すでに望ましい接種開始年齢を過ぎていても、5歳までは接種することができます。
詳しいことは、かかりつけの医師にご相談ください。



トップページお知らせ院長紹介当院のご案内交通案内お問い合わせ
泌尿器科の病気について前立腺治療薬について過活動膀胱治療薬について
Hib髄膜炎について尋常性乾癬について元気になる薬(EDの薬)
院長のつぶやき 1院長のつぶやき 2院長のつぶやき 3院長のつぶやき 4
院長のつぶやき 5院長のつぶやき 6院長のつぶやき 7院長のつぶやき 8
院長のつぶやき 9院長のつぶやき 10院長のつぶやき 11院長のつぶやき 12
花のたより 1花のたより 2
奈良西ロータリークラブについてプライバシーポリシー

Copyright (C) 2009-2019 Ohara Clinic All Rights Reserved.