医療法人 小原クリニック 泌尿器科,内科

尋常性乾癬持ちの悩み

 私の専門は、泌尿器科です。泌尿器科の疾病について寄稿すべきと思いますが、今回は、患者としてそして医師として、ある疾病について記させて頂きます。それは尋常性乾癬という病気で、全身の皮膚に赤い斑点ができ、それがまるで地図の如く融合し、さらにその赤い斑点の表面は、白く変化してフケのようにして剥がれ落ちていきます。勿論、フケが落ちても赤い斑点は残ります。このような変化は、関節部、頭、擦り傷跡の皮膚によく起こってきます。食事、ストレス、生活習慣などで生じる一種の自己免疫疾患だと言われております。

 私の乾癬は大学を卒業した約35年前からで、どんなに悩んだことか。誰でもゴルフなどスポーツの後の入浴は、爽快なものですが、脱衣場で裸になると全身に出来た赤い地図をチラッと、時にはじっと見られ、あから様にいやな顔をされます。その時の羞恥心は、舌筆し硬いもので、この病気に患っていない方には到底理解出来ないと思います。いまは、開き直りで、平気で温泉やゴルフに出かけておりますが、これまでの自分の人生でこの病気がもとで本当に多くの欝的な時間が費やされました。

 乾癬は、ステロイドや活性型ビタミンD3などの外用剤の塗布、特殊な紫外線による光線療法、免疫抑制剤の投与など種々あります。しかし、治療により一時的には良くなりますが、必ず再発します。もし、完治できる方法があれば、教えて下さい。欧米の文献には乾癬の患者は、前立腺癌など悪性腫瘍の発生率が高いという報告も見られます。ことに日光療法による皮膚癌の発生は重大です。そこで、長年苦しんで来た私の経験を提案致します。この病気は治らないと開き直り、より進行しないようにするため、日々の生活習慣を律して下さい。これが一番です。文字数制限でこれくらいに致しますが、当方に連絡頂ければ、同病相哀れむものとして、私の経験から得た多くをお伝え致します。



トップページお知らせ院長紹介当院のご案内交通案内お問い合わせ
泌尿器科の病気について前立腺治療薬について過活動膀胱治療薬について
Hib髄膜炎について尋常性乾癬について元気になる薬(EDの薬)
院長のつぶやき 1院長のつぶやき 2院長のつぶやき 3院長のつぶやき 4
院長のつぶやき 5院長のつぶやき 6院長のつぶやき 7院長のつぶやき 8
院長のつぶやき 9院長のつぶやき 10院長のつぶやき 11院長のつぶやき 12
花のたより 1花のたより 2
奈良西ロータリークラブについてプライバシーポリシー

Copyright (C) 2009-2019 Ohara Clinic All Rights Reserved.